MENU
限定特価新品PlayStation 5 デジタルエディション CFI-1200B01

ベイハン・スルタンはオスマン帝国の皇女です。
トルコドラマ「オスマン帝国外伝」のシーズン1~3にも登場します。
名前はベイハン。皇族なので名前には「スルタン」の称号がつきます。ベイハン・スルタンとはどんな人だったのでしょうか。
 

目次

名 前:ベイハン(Beyhan)
通称・官名:オスマン帝国皇女
生 年:1495年
没 年:1559年
父:セリム1世 
母:ハフサ・アイシェ
兄:スレイマン1世
姉妹:ハティス1512年。父・セリムが皇帝になりました。 1513年。フェルハト・パシャと結婚しました。
1520年。兄スレイマンが皇帝になりました。
ところがフェルハトは自分の領地で住民から重い税を取り立てたり残酷な行いをしていましたた。住民から苦情が起こりまます。後にメフメド・パシャと結婚して娘を出産したともいわれますがよく分かっていません。